アトピー・アレルギー注射治療(療法)

アトピー・アレルギー注射治療(療法)
   【花粉症、蕁麻疹、アレルギー性鼻炎、花粉症、アレルギー性結膜炎】

花粉症やアトピー性皮膚炎が注射で治るというのは事実でしょうか?

花粉症やアトピー性皮膚炎は、アレルギーであり治療することは難しいとされています。そのため、スギ以外の植物にもいろいろアレルギーのある方やアトピー性皮膚炎の方は、ほぼ1年中花粉症やアトピーの症状に悩まされる人もいます。 また蕁麻疹も慢性化してしまい何年も出続けているという方もいます。

 

花粉症に悩む人の多くは、治療ではなく薬で症状の緩和をすることしかできません。アトピー性皮膚炎の方は、ステロイドの外用やその他の外用を塗り、アレルギーの薬の内服をするのがほとんどです。慢性蕁麻疹の方も出るたびに薬を飲み、でも忘れてしまうとまた少しして出るというのを繰り返してしまいます。

 

しかし、最近は、注射を1本打つだけで花粉症を治したり、花粉症やアトピー性皮膚炎の症状を出なくさせたり、それぞれの症状を軽減させたりできるのです。

効果のある症状

    ●慢性的なアトピー性皮膚炎
    ●アトピーの症状が急に悪化して薬を飲んでステロイドを塗ってもひかない
    ●普通のアトピー性皮膚炎
    ●慢性的なアレルギー性鼻炎
    ●花粉症
    ●アレルギー性結膜炎
    ●慢性蕁麻疹
    ●急性蕁麻疹
    ●自家感作性皮膚炎
    ●慢性湿疹
    ●老人性皮膚掻痒症

上記の症状で悩んでいてお薬を使っても治らない方は、是非一度お試しください。

六本木スキンクリニックでは、4種類の注射を扱っています

ヒスタグロビン注射(非特異的減感作療法)

  料金 1回 2,100円/1Vial

ヒスタグロビン注射とは、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみ、湿疹、蕁麻疹など、体がアレルギー反応を起こしているときは、体内でヒスタミンという物質が作られ、それが過剰な反応を引き起こしています。

ヒスタグロビン注射を定期的にするとヒスタミンへの抗体を作ってくれます。だから、アレルギー反応でヒスタミンが作られても、耐性ができて反応を抑えられるようになるのです。一時的な効果だけでなく減感作療法といってアレルギー体質を改善していく効果が期待できます。慢性的な花粉症やアトピー性皮膚炎、蕁麻疹でお悩みの方には非常に有効な治療法です。

花粉症やすべてのアレルギー反応の症状を抑える治療としてヒスタグロビン注射は有効なのです。

強力アレルゲン点滴

  料金 1回 10,500円

グリチルリチン酸ーアンモニウム+グリシン+L-システイン塩酸塩水和物+グルタチオン 通常の3倍量

炎症物質の生成やアレルギーを抑えてくれます。

花粉症注射の効果を長持ちさせます。

炎症物質やアレルギー反応により肝臓はダメージを受けています。肝臓の働きを改善させる効果もあります。また、花粉症だけでなく湿疹・皮膚炎などにも効果的です。

アレルギー・免疫アップ(花粉症)点滴

  料金 1回 10,500円

プラセンタ+ビタミンB1+B2+B6+B12+グリチルリチン酸ーアンモニウム+グリシン+L-システイン塩酸塩水和物+グルタチオン

炎症物質の生成やアレルギーを抑えてくれます。また、免疫もアップさせてアレルギー反応を起こりにくくさせます。

花粉症注射の効果を長持ちさせます。

炎症物質やアレルギー反応により肝臓はダメージを受けています。肝臓の働きを改善させる効果もあります。また、花粉症だけでなく湿疹・皮膚炎などにも効果的です。

ステロイド注射による治療

  料金 1回 2,100円

注射によって花粉症や、アトピー性皮膚炎治療を行う方法の一つがステロイド注射です。

即効性のアレルギー症状を抑えることができます。

注射後3時間ほどで花粉を吸い込んでも症状が出づらくなります。また1日ほどでアトピーのひどい皮膚炎は収まってきます。炎症物質の生成やアレルギーを長期的かつ強力に抑えてくれます。そのため効果の持続時間も高く、1〜2カ月ほどの効果を期待することができます。(その方の免疫力や花粉症の症状の強さにより持続期間は前後します。)

スギ花粉症のシーズンに短期間で使用する場合は心配ありませんが、通年性のアレルギー性鼻炎や慢性的な蕁麻疹やアトピー性皮膚炎では長期連続で注射する使い方はあまり致しません。

ただ、症状がかなりひどく出ている場合は1~2回この注射を他のアレルギー注射と併用して楽な状態を作ってからアレルギーを起こりにくい体質にしていきます。というのもステロイドは今ある炎症を抑える効果に優れているからです。

ただし、ずっと内服していた薬や外用薬により、ステロイド注射は行わないこともありますので診察して決定していきます。