内服薬・外用薬

内服薬・外用薬によるメディカルダイエット

key_ointment

ビタミンB(1・2・6・12)

ビタミンBの働き・効果

ビタミンBは、ビタミンB群やビタミンB複合体と呼ばれ何種類ものビタミンの総称です。そして、B群は相乗作用があるため、個々に摂ったときよりも全部いっしょに摂った時の方が効果が大きいのです。
六本木スキンクリニックのは、医療用のビタミンB1、B2、B6、B12を全て含んでいます。

ビタミンB1

B1は糖質をエネルギーに変える効果があります。
糖分は身体に大切なエネルギー源ですが、ビタミンB1も同時に摂取しなければエネルギーに変換されずに糖分は体内にたまってしまい肥満のもとになります。
体内の糖分を効率よくエネルギーに変換してくれるので、疲れてる時などにも効果的です。他には神経の調節を行う働きがあるので記憶力の低下、いらだち、神経の疲れ、精神的鬱、過敏症などの症状を緩和します。

ビタミンB2

B2は主に皮膚や粘膜の健康維持や成長に効果があります。
肌トラブルを防ぎ、口や目、鼻などの粘膜を守る効果があります。
細胞、エネルギーの再生、代謝などを促進する働きがあります。
避妊ピルを飲んでる、妊娠中、授乳期、また肉や乳製品をあまり食べない、胃が悪かったり糖尿病で長い期間食事を制限している人は、ビタミンB2を欠乏させている可能性が高いです。

ビタミンB6

B6はアミノ酸(タンパク質)の代謝に効果を発揮します。
アミノ酸がエネルギーに変換されたり、アミノ酸を作り出すという効果があります。
ですから、プロテインなどのタンパク質やアミノ酸を多量に摂っている人は余計にこのビタミンB6を摂る必要があります。
また、抗体、赤血球を作ったりする働きもあり、アレルギー予防の効果もあります。免疫機能を正常に保つ効果もあり、丈夫な身体を作ってくれます。髪の毛や肌を健康に保ってくれる効果もあります。

ビタミンB12

B12の効果は、主に血液と神経にみられます。
ビタミンB12と葉酸を一緒に摂取することで、造血の効果があります。
また、神経細胞内の脂質、たんぱく質、核酸の合成を助け、神経系の健康を保つことに効果があります。
ですから、貧血を予防して、エネルギーを増大させるので過度の疲労に効果があります。また感覚の鈍り、精神力の減退などに有効で集中力、記憶力を高め、精神を安定します。
ベジタリアンはしばしば欠乏に陥りがちです。
プロテインなどのタンパク質やアミノ酸を多量に摂っている人は余計にこのビタミンB12を摂る必要があります

ご使用上の注意

ビタミンB6はインシュリンの必要量を減らします。
ですので、インシュリンの量を調整しないと低血糖反応を引き起こす結果になることがあります。

葉酸

葉酸の働き・効果

ビタミンB12とともに、赤血球の形成に関わります。
貧血や健康的な皮膚を作るので肌のトラブルに役立ちます。
また、白髪を遅らせたり、下痢、鬱、胃のむかつき、動脈硬化、循環不良に効果的です。
アルコールを多く摂取する人や、ビタミンCを多くとってる方は葉酸をとることをお勧めします。

ビタミンC

ビタミンCの働き・効果

コラーゲンの形成に欠かせないもので、皮膚、動脈、腱の弾力を維持し、歯茎の病気を防ぐことにも働きます。
傷の治りや風邪・インフルエンザなど菌やウィルスの感染、炎症、ストレス、アレルギーの治療の手助けもします。
特に、病気に対する抵抗力、病後の回復時にも非常に有効です。
発癌物質の形成を妨げたり、血中コレステロール値を下げる助けもしています。
一酸化炭素はビタミンCを破壊するので都市に住んでいる人や、喫煙をしてる人は摂取を増やすのがお勧めです。
また、ビタミンCはビタミンPや、カルシウム、マグネシウムなどと一緒に撮ると最も効率よく働いてくれます。

ご使用上の注意

六本木スキンクリニックのビタミンCにはカルシウムが混ざっています。胃の弱い方は胃が荒れることがあります。

カルシウム

カルシウムの働き・効果

歯や骨の成分には、多く含まれています。
特に骨の場合には、その主成分にもなっています。
ですからバランスよく摂取すると、歯や骨を作り頑丈にする事ができます。
また、筋肉細胞にとって潤滑油のような役割を果たす成分です。
量が不足すると、筋肉がけいれんを起こしたり、硬直しやすくなってしまいます。
ですからスポーツ選手が自分の能力を最大限発揮するには、摂取が欠かせないのです。

そのほかにも、神経伝達組織の働きを円滑にしたり、心臓ではは脈拍のリズムを一定にキープする働きをしたり、また、骨粗鬆症の予防にもなります。
骨粗しょう症は骨がもろくなってしまう病気で、骨が折れやすくなったり、ひどい場合には寝たきり生活を送らなければならなくなります。
また、骨粗しょう症は男性に比べて、女性がなりやすいのが特徴です。
特に50代以降の女性は、体内バランスが大きく変化するため骨粗しょう症になる確率が上がります。

乳酸発酵カルシウムは、人間の体にとって最高レベルの安全性を持っていて、非常に吸収率が高いため、人体にも効率よく吸収される物質として知られています。
WHOやFAOの国際機関も安全性に関しては、太鼓判を押しています。

関連した料金表はこちらから