ヒアルロン酸分解除去(ヒアルロン酸分解注射 ヒアルロニターゼ)

ヒアルロン酸分解除去(ヒアルロン酸分解注射=ヒアルロニダーゼ)

ヒアルロン酸の分解・除去について、施術の方法や注意点を解説します。
key_hyaluronic_cut

ヒアルロン酸分解注射の特長

他のクリニックで注入したヒアルロン酸でも分解・除去いたします

  • ヒアルロン酸を注入したがやはり気に入らない。
  • 凸凹感がいつまでも続いていたり不自然な膨らみやしこりがある。
  • 期待していた仕上がりのイメージと異なる。
  • 笑った時や「ある表情」をしたときに注入部位が目立つ。
  • 違和感やつっぱりが続く。
  • 注入した部位とずれてきてる
  • 鼻筋を高くするのに注入していたが、鼻筋が少しづつ太くなってきてしまった。

…このような方に、ヒアルロン酸分解酵素の注射液を使用して、 注入したヒアルロン酸の分解・除去処置をいたします。 この治療によりヒアルロン酸注入前の元の状態に戻すことができます。 また、完全に元の状態に戻したいわけでなく「この部分とこの部分の凸凹のみ取りたい」などの 細かい要望にもお答えできますのでご相談ください。

また上記のような自覚の症状がある方以外にも、数年間の間に複数回同部位への注入をしている方は、一度すっきり分解されてから注入しなおすことをお勧めしています。ヒアルロン酸は分解されるという前提ですがやはり、永年患者さんたちを見ていると、同じ部位への注入を繰り返してる方たちは少しづつ残ってることが多いです。この場合一度分解してから入れなおすほうが仕上がりがきれいになることが多いです。

施術の手順

◆ヒアルロン酸分解除去の流れ◆
麻酔クリーム(約30分)
 
ヒアルロン酸分解・除去の注射(数分)
 
クーリングして終了。(約15~30分)
※ 処置後1~2時間で効果が現われ、翌日には分解はほぼ終わっています。針を使う施術になりますので、まれに内出血や腫れが出る場合もございますが、内出血も1日程度でひき、腫れも2~3日で治まってくる事がほとんどです。 麻酔をしますので痛みもほとんどありません。すぐにお化粧することもできます。

ヒアルロン酸の分解・除去における注意点

ヒアルロン酸の分解注射はほとんどのヒアルロン酸を分解することが可能ですが、ヒアルロン酸の種類や注入量、注入の仕方により分解されにくい場合があります。注入したヒアルロン酸が分かる場合はお知らせください。分解されにくい場合は一回の治療では思うような効果が出ないこともあり、分解できるまでの治療回数が多く、時間のかかる場合があります。
※ヒアルロン酸以外は分解しませんので、ヒアルロン酸に合成樹脂を混ぜている製剤などでは合成樹脂は除去できません。

ヒアルロン酸分解注射の薬剤(ヒアルロニダーゼ)について

ヒアルロン酸分解注射は牛や羊から抽出したヒアルロニダーゼというヒアルロン酸を分解する酵素の注射です。
このヒアルロン酸分解注射でアレルギーを起こす方がいらっしゃいますが、アレルギー反応は確率的に非常に低いと言われております。六本木スキンクリニックでは多数のヒアルロン酸分解注射の処置をさせていただいておりますが、現時点でアレルギー反応がでた方は1度拝見したことがあるだけです。もし、ご希望であれば、腕の内側に皮内テスト(試し打ち)をすることも可能です。また、アレルギー反応が出た場合も六本木スキンクリニックは薬を用意しておりますので1~2日ですぐにおさまらせることはでききます。

関連した料金表はこちらから