ヒアルロン酸注入(ヒアルロン酸注射)

ヒアルロン酸注入(ヒアルロン酸注射)

ヒアルロン酸注入について、注入部位や効果について治療例の写真を紹介しながら詳しく解説します。
key_hyaluronic

ヒアルロン酸注入の特長

ヒアルロン酸注入(注射)の効果

ヒアルロン酸注入によって、唇・目の下や頬をふっくらさせたり、 法令線(ほうれい線)など口もとのシワの軽減、また平坦でコンプレックスになっていたところ(鼻やあご)を 盛り上げる効果が得られます。
ヒアルロン酸注射はシワやたるみが現われている皮膚の直下に施しますが、オペとは違い、メスを使用ぜずに専用の注射器により行います。
治療直後に効果の実感が得られるのもヒアルロン酸注入の魅力。水分保持効果により肌全体がみずみずしくなるほか、弾力も蘇ります。半年から1年かけて徐々に体内で吸収されていくため 定期的に注入するのが効果的ですが、途中でやめたとしてもダメージは全くありません。

ヒアルロン酸注射を行う部位と効果

ヒアルロン酸注射を行う目元では、目の上のくぼみ・目の下の涙袋(どのようなサイズでもお好みの大きさにつくれます)・目の下のたるみやクマに効果があります。

また、目元以外でも下記のような効果を出すことができます。

横シワ・ゴツゴツとした骨格の額(男性型額)の場合、丸味のある女性型額へ
眉間 縦シワ(固定ジワがしっかりしている方はボトックスとの併用をおすすめします)
鼻筋を通す・鼻を高くする・段鼻の改善
口元 口角・口元のシワ・法令線(ほうれい線)・鼻の下のくぼみ
唇(くちびる) 厚みをもたせふっくらさせる。唇(くちびる)の縦シワ・老化によりしぼんだ唇を元のハリのある唇に戻す。
あご あご先を尖らせる・前に出す・二重あごの改善・たるみの改善
こめかみ 年とともにこけたこめかみを丸くし、ふっくらさせます。
年とともにこけた頬をふっくらさせます。頬の一番突出した部分が10代のころに比べて重力の影響で下がってきているので、 突出のポイントを高くすることで若々しい印象に変えます。
ゴルゴライン 頬の中央に出てくる溝です。この部位が凹んでくると疲れて見えたり、歳をとって見えやすいです
リフトアップ ドクタースイフトからのテクニックシェアによる新しいリフトアップ法です。

※その他、ヒアルロン酸注入(注射)はあらゆる部位に適用可能です。

ヒアルロン酸とは

ヒアルロン酸の役割

water dropヒアルロン酸は、水分を抱え込んでくれる非常に優れた成分です。もともと肌の真皮に存在し肌のハリを保っています。それ以外にも、関節、脊髄、心臓、動脈、脳、眼球、子宮などにも存在しているものですので、ヒアルロン酸を注入することで将来何かトラブルがおこるという事もありませんしアレルギーもおこしません。長期間繰り返し注入が必要な変形性膝関節症の治療剤としても使用され、安全性の高いことが確認されています。
体内のヒアルロン酸は年齢とともに減少しますが、これがシワを悪化させる原因の一つになります。

注入されたヒアルロン酸の持続期間

ヒアルロン酸の平均的な持続期間は?

部位によって個人差があり、半年〜1年前後持続します。(目元はその方の体の肌質などで2~3ヶ月で吸収される方もいらっしゃいます。)施術後から少しずつ吸収されていくので、1年以内に少しずつ足していく方法をとることが多いです。次回の施術では吸収された分を足すことになりますので、 前回の施術よりも注入量も費用も少なくて済みます。

注入部位により持続期間に違いが出るか?

部位による差に合わせて個人差も大きいです。注入部位が目の周りでは比較的少ない注入量になるので、ほんの少し吸収されただけで、かなりの量が減少したように 感じることがあります。

ジュビダーム

ジュビダームとは

ジュビダーム
↑ 六本木スキンクリニックで使用するジュビダーム
 
ヒアルロン酸を注入した時に、目元などの皮膚が薄い場所だと白っぽく見えることや、ちょっとした凸凹感がごく稀に気になることがありましたが、 これらを解決するために開発されたのが「ジュビダーム」です。
安全なボトックスを製造している事でも有名なアラガン社の製品で、ヒアルロン酸製品のなかでFDAが初めて1年間の効果持続を認証しています。

ジュビダームの特徴

粒子がないジェル状で、粘性が高く流動性に優れています。
ツブツブ感がなく均一でなめらかなので、仕上がりがとても自然です。
 
ジュビダームは安全性にも優れており非動物由来なので皮内テストが不要ですし、BSEなどの感染症の心配もなく、アレルギー反応を起こす可能性は非常に低いものになります。
 
六本木スキンクリニックでは、ウルトラ2というやわらかいタイプのものをご用意しております。目の下などの皮膚がうすい部分に使用するのに適しており、白く浮き出た感じになりにくく、なめらかなハリと 弾力を保つのに役立つと言われています。また、リドカインという麻酔があらかじめ含まれていますので、注入時の痛みがかなり軽減されます。

施術について

ヒアルロン酸注射時の痛みや術後の経過

痛みの強さは注入する部位によって異なります。
もちろん個人差がありますが、一般に目元は痛みを訴える方が少ないです。麻酔クリームを してからになるので針の痛みは緩和されます。
ヒアルロン酸を注射する時は、注入による圧迫痛を感じます。術後は翌日から3日間少し腫れた感じになり、触ると鈍痛やボコッとした感じが一週間ほど残ることがありますが、日々和らいでいきます。また、内出血をしてしまった場合は約1週間、青あざができてしまった場合は引くまでに約2週間ほどかかります。

ヒアルロン酸注入(目の下) 治療経過

施術後 麻酔クリームをしたので、針の痛みは無いが、ヒアルロン酸を注入する際の圧迫されるような痛みは感じた。我慢できるくらいではあった。
若干の腫れと内出血がある。よく冷やす。
帰宅後 自宅でも保冷剤で冷やした。
貼れと内出血はまだ残っている。
1日目 内出血の部分が青タンのようになってきた。
コンシーラを使ってカバーした。
2日目 触ると何となく違和感がまだある。
3日目 青タンのところが黄色っぽくなってきた。
腫れはほぼ引いている。
7日目 青タンはほとんど消えてきた。
注入部位の違和感もなく、かなりなじんできた。
2週間後 少し物足りないかも?という気がしてきた。
1ヵ月後 再注入
2ヵ月後 全体的になじんでフラットになり満足。
最初の写真と見比べるととても症状が改善されているのがわかった。
6ヵ月後 少し減ってきた感じがするので、診察で相談して、再注入をして微調整する。
そこまで多くは減ってなかったので、注入量も少しで済んだ。

ヒアルロン酸分解除去(やり直したい・ヒアルロン酸を取りたい時)

s-ヒアルロニダーゼ→ 詳しくは「ヒアルロン酸分解除去」ページをご覧ください。

注意事項・その他

ヒアルロン酸注射後の注意点

注射直後より効果が実感できます。
ヒアルロン酸注射は安全かつ短時間で終了しますので、気軽に受けていただけます。施術後は過度にこすらないようにしてすぐにメイクしてお帰りいただくことも可能です。医師が直後マッサージをしてなじませることがありますが、特に医師の指示がない限り定着するまで(約1週間程度)過度なマッサージは控えてください。

関連した料金表はこちらから
関連したQ&Aはこちらから