ロアキュテイン

ロアキュテイン(イソトレチノイン)

key_pimpleroacu

ロアキュテイン(イソトレチノイン)とは

sIMG_1493ロアキュテイン(イソトレチノイン)とは、ビタミンA誘導体である合成レチノイドという成分でできた内服薬で、
重症なにきびで他の治療ではコントロールが非常に困難な方を主な対象にした治療法です。
皮脂を作る皮脂腺を縮小させ、角化を抑制し、またアクネ菌に対する抗菌作用や抗炎症作用に優れているため、にきびを劇的に改善します。
イソトレチノイン内服療法は、にきび治療の先進国であるアメリカやカナダでは長期に渡る治療実績があり、
現在でも隣国の韓国をはじめ、世界各国で使用されていますが、残念ながら日本ではにきび治療として厚生労働省に許可されておりません。
そのため、個人輸入も禁止されておりますが、医師が輸入し個人に処方することは認められています。

治療法

1日1カプセルを食事中または食後に飲んで服用します。16~24週を1クールとして終了し、
1クールで完治しなかった場合、最低でも8週(2ヶ月)以上間をあけてから2クール目を再開するようにします。
(服用開始から1~2週間は症状が悪化することがありますが、4~6週間目には改善の兆しが見えます。)

内服できない方

妊娠または妊娠している可能性がある場合、胎児の奇形、流産、死産、早産を引き起こす恐れがあります。
授乳中の方
成長期の方
イソトレチノイン製剤、トレチノイン製剤、ビタミンAでアレルギーを起こしたことのある方
テトラサイクリン系の薬剤を内服されている方
六本木スキンクリニックからでているものでは、ミノマイシンR(塩酸ミノサイクリンカプセル、ニキビ点滴に含まれているミノサイクリン塩酸塩)が当てはまります。
ストックなどで持っていてにきび悪化時に服用している方は注意して下さい。
その他では、ビブラマイシンR(ドキシサイクリン塩酸塩)、レダマイシンR(デメチルクロルテトラサイクリン塩酸塩)、
アクロマイシンVR(テトラサイクリン塩酸塩)
うつ病もしくはうつ気質の方
肝機能障害のある方
中性脂肪、コレステロールの高い方
ビタミンA過剰症の方(イソトレチノイン内服療法中は、ビタミンA含有のサプリメントを服用することができません。)

注意点

服用期間中と服用終了後6ヶ月間に性交する場合は、必ず避妊を行ってください。
また同期間中は、妊娠、授乳、献血をしないでください。

副作用

下記の副作用は、投与量に比例して起こり必ず起こるものではありません。
また、これらの副作用は服用中止後すみやかに消退します。

軽いもの
  • 唇、口の中、鼻の粘膜、眼、皮膚の乾燥
  • 敏感肌
  • 手の平、足の平の皮むけ
  • 肌のかゆみを伴う赤み
  • 日焼けのしやすさ
  • 爪の変形
  • 鼻血
  • 骨、関節、筋肉の痛み、動かしにくさ
  • 疲れやすさ
  • 頭痛
  • 髪の毛の脱毛
  • 体毛が濃くなる
  • 声がしゃがれる
重いもの(現れたらすぐに診察を要するもの)
  • 吐き気、嘔吐
  • 長く続く頭痛
  • 視力障害
  • 聴覚障害(聞こえにくさ、耳鳴り)
  • みぞおちの辺りの強い痛み
  • 血便、下痢
  • 肌の強い赤み
  • 幻覚、幻聴
  • うつ症状
    • 何事にも悲しく感じてしまう
    • 何事にも興味を感じられない
    • 睡眠時間が長い
    • 寝つきが悪い
    • 考えがまとまらない

処方するにあたって

服用前と服用中に血液検査が義務付けられております。
服用中は2週間~1ヵ月おきに血液検査を行います。
血液検査代・・・1回 5,100円

関連した料金表はこちらから