ヒスタグロビン注射(非特異的減感作療法)

2月中旬には九州、四国、東海、関東地方の一部から花粉が飛びはじめます。
辛いアレルギー症状をなるべく抑えるためには、花粉が飛ぶ前から準備が必要です。当院では、アレルギーを起こしにくい体質にするヒスタグロビン注射を行っております。(※効果には個人差があります)

ヒスタグロビン注射とは

くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみ、湿疹、蕁麻疹など、体がアレルギー反応を起こしているときは、体内でヒスタミンという物質が作られ、それが過剰な反応を引き起こしています。
ヒスタグロビン注射を定期的にすると、ヒスタミンへの抗体をつくってくれます。ですので、アレルギー反応でヒスタミンが作られても、耐性ができて反応を抑えられるようになるのです。
一時的な効果だけでなく減感作療法といってアレルギー体質を改善していく効果が期待できます。慢性的な花粉症やアトピー性皮膚炎、蕁麻疹でお悩みの方には非常に有効な治療法です。
花粉症やすべてのアレルギー反応の症状を抑える治療としてヒスタグロビン注射は有効なのです。
また、ヒスタグロビンは、生物由来製品でありステロイドとは違って副作用が非常に少ない薬剤です。

治療方法

1回1バイアルを週に2回のペースで6回注射します。これを1クールとします。この1クールは花粉が飛ぶ前に終えておくのがおすすめです。
小児は週に1回のペースで3回または6回を行っていきます。
通院できる頻度や症状によりもう1クールをプラスすることもございます。

なぜ早めに始めるのが良いか?

ヒスタグロビン注射の効果はゆっくりで、注射後3~4週間かかります。
そのため、シーズン前に始めることで、シーズン中にはヒスタミンへの抗体が作られ耐性ができて、アレルギー反応を抑えることができるのです。

料金

1回 2,100円/1バイアル