毛穴の開き・黒ずみ治療

レーザー・プラグピーリング・外用を組み合わせた
院長の開発したオリジナルの効果的な毛穴治療

毛穴開き・毛穴黒ずみの治療

毛穴開き・毛穴黒ずみの治療 レーザーとプラグピーリング

毛穴開き・黒ずみの治療について、治療法を詳しく解説。治療例の画像も掲載しています。

きちんと日常のお手入れをしていても、皮膚のコラーゲン線維やエラスチン線維の生成は年齢とともに減少していきます。 その結果、肌の弾力が衰え、たるんできます。 重力の影響で下に向かってたるんでくるため、毛穴も縦長に開いてしまいます(帯状毛穴)。
もちろん年齢的な要因以外にも、間違ったお手入れやニキビによるものなど要因は数多くあります。毛穴の開き方、黒ずみの程度や肌質に合わせて、レーザー治療・プラグピーリング(毛穴専用のピーリング)・外用薬を組み合わせて治療します。

一度開いてしまった毛穴を自力で元に戻すのはもちろんのこと、クリニックで治療するのも従来難しいものでした。しかし、六本木スキンクリニックでは以前から取り組んできたニキビの凹み治療を応用することで、 =  プラグピーリング(毛穴専用のピーリング)という独自の毛穴治療法を確立させています。また、ピーリング剤は六本木スキンクリニックの開発したオリジナルで、その方に合わせて濃度を調節するため毎回作っています。
具体的には鼻などの皮脂詰まりの多い毛穴は初めにカーボンレーザー、その他の毛穴はジェネシスレーザーとプラグピーリングの併用で治療します。
(鼻以外の部位でも皮脂詰まりの多い場合には、カーボンレーザーを行うことがあります。)

レーザー治療とプラグピーリング:毛穴開き・毛穴黒ずみ

1.レーザー治療 … カーボン+ジェネシス

カーボンレーザーで皮脂詰まり解消
まず、皮脂詰まりの多い毛穴にはカーボンレーザーを照射します。このレーザーでは、カーボンオイルを毛穴の中に埋めていくことでレーザーの熱エネルギーの伝導が高まるため、 毛穴の中にたまった皮脂や汚れの黒ずみも分解され徐々に押し出されるとともに、熱の作用で毛穴を収縮させます。
ジェネシスレーザーで皮膚を再構築
カーボンレーザーで皮脂詰まりが解消された毛穴、または元々皮脂詰まりの多くない毛穴には、ジェネシスレーザーを照射します。ジェネシスレーザーの照射によって、コラーゲン線維やエラスチン線維の量が増えやすくなります。レーザー照射は角質から真皮にかけて皮膚を再構築するので肌が滑らかに柔らかくなり、 毛穴開きの予防にもなります。
毛穴の治療では、このジェネシスレーザーを併用すると、プラグピーリングとの相乗効果が高まりますので回数がかなり変わります。

通常のクリニックではここで終わりになってしまいますが、これだけでは満足した治療結果を得ることはできません。 そこで六本木スキンクリニックでは、毛穴そのものにピーリングを施すプラグピーリングにより、毛穴の開きと黒ずみに対処していきます。

2.プラグピーリング(毛穴専用のピーリング)

ジェネシスレーザーによってコラーゲン線維が増生しやすい状態にさせながら、いよいよプラグピーリングを施術します。
プラグピーリングはジェネシスレーザー照射直後に行うのが効果的です。極細の筆で、1つずつの毛穴にピーリングの液を埋め込んでいき、毛穴の下のコラーゲン線維をつくる細胞をさらに活性させます。
プラグピーリングで使用する薬液は、六本木スキンクリニックが独自に開発したものです。プラグピーリングを続けていく段階で毛穴の開きと黒ずみが解消されていくのを実感できますが、毛穴にはメラニン色素を作る作用が強いため、なお軽い色素沈着があります。
治療の最終段階は、この色素沈着をレチノイン酸で解消することです。また、このレチノイン酸は皮脂腺を萎縮させる効果があるので、その後毛穴開きをしにくくさせます。これで毛穴レスのお肌が完成です。
プラグピーリングは大変人気があり、最も多いのが鼻、そのほか頬・額・下顎などにも行っています。

▲プラグピーリングの施術の様子 … すべての毛穴に素早くピーリング液を埋め込んでいきます。

鼻の毛穴ににプラグピーリングの薬剤を埋め込んだ直後の状態。薬剤と皮膚の成分が反応して白く見えます。
(ホワイトニング現象)
これは10~30分ほどで自然に消失します

治療例/鼻の毛穴開き・黒ずみ | カーボンレーザー+プラグピーリング+外用薬

▲カーボンレーザー5回照射+プラグピーリング10回+外用1ヶ月の時点の治療例です。鼻筋から小鼻一帯の毛穴の開きと黒ずみが、かなりの程度改善されています。

治療例/鼻の毛穴開き・黒ずみ | カーボンレーザー(5回照射)

▲鼻は毛穴の開きと黒ずみが同時に現れやすいところ。画像はカーボンレーザーの5回照射後。毛穴の黒ずみが大幅に改善されました。

帯状毛穴の治療

帯状毛穴には、皮膚の弾力の衰えが大きくかかわっています。 重力の影響で下に向かってたるみが生じるために、毛穴も縦長に開いてくるわけです。 帯状毛穴の治療には、皮膚のたるみに集中的にアプローチする方法を考慮します。
下記のページもご参照ください。

毛穴の開き・黒ずみの原因と予防

せっかく目立たなくなった毛穴も、治療後また以前と同じ生活では開いたり黒ずんだりしてしまいます。正しいスキンケアをしていても、 年齢とともにおこるたるみで毛穴が縦長に伸びてくる(帯状毛穴)のですから、本来は年々さらにしっかりケアしていかないとより開きやすくなっていきます。
毛穴開き・黒ずみの予防についても六本木スキンクリニックにぜひご相談ください。
また、治療回数や治療中の症状などは肌状態により個人差があるため、一度診察させていただいたうえでより詳しくご案内させていただきます。

毛穴に皮脂がたまるのは … 毛穴開き・毛穴黒ずみの原因/治療後のアドバイス

皮脂が出やすい(オイリー肌)
食事の影響によって皮脂の性状が変化し、毛穴の中に残りやすい皮脂成分になってしまいます。
毛穴の出口が硬い
紫外線・化粧品・肌に触るなどのいろいろな日常の刺激により、毛穴の出口が硬くなってきます。
毛穴に角質が詰まっている
加齢による新陳代謝のリズムの崩れだけでなく、ストレス・生活習慣・ホルモンバランスなども新陳代謝のリズムを崩します。 その結果、角質層が厚くなり、取れかかった角質が毛穴の中に詰まりやすくなります。
毛穴につまった化粧品や汚れがきちんと除去されていない。
クレンジング剤と化粧品でしっかり化粧が落とせないこともありますし、化粧をしていなくても自分の皮脂が毛穴に詰まっていたり、汚れが詰まっている場合は、 洗顔剤だけでは落ちにくいことも多いのです。かといって年中洗顔すればいいというものでもありません。自分にあった洗顔をするようにしましょう。
ご来院いただきました方には個人個人に合ったスキンケアや毛穴ケアの方法を説明させていただいています。 診察だけで肌質がわかりにくい場合には、アレルギー検査などにより隠れアトピーの有無などもチェックさせていただいております。

毛穴の開き・黒ずみ治療に効果的なその他の治療法

イデバエによる毛穴の開き・黒ずみ治療

イデバエ

イデバエは、強力な抗酸化作用を持つ「イデベノン」と、筋収縮作用を持つ「DMAE」の2つの成分から構成されています。
お肌に細かく満遍なく注射したり、メソポレーションを使って導入するだけで、お肌のアンチエイジングとリフティングのダブル効果が得られます。

イデバエの詳細を見る

メソポレーション(エレクトロポレーション)による毛穴の開き・黒ずみ治療

メソポレーション(エレクトロポレーション)

メソポレーション(エレクトロポレーション)(無針メソセラピー)は針を使わず皮膚内部への有効成分を導入する方法です。
有効成分を導入する際に電子針で肌をなぞることにより特殊な電圧が流れることで毛穴が縮小していきます。

メソポレーションの詳細を見る

レチノイン酸(外用薬)による毛穴の開き・黒ずみ治療

レチノイン酸

レチノイン酸はビタミンAの一種で、海外ではシミ・しわ・ニキビなどの治療薬として大変ポピュラーに使われている抗原抗体反応やアレルギー反応を起さない安全安心な外用薬です。
また、ルミキシルは、新しい美白成分「Lumixylペプチド」を配合した美白クリームで、シミの原因メラニンの生成に関与するチロシナーゼを阻害します。
ルミキシルはメラニン生成を均一に抑えるため、部分的に白く色抜けすることなく、シミ・肝斑・毛穴の開き・毛穴黒ずみを改善します。

レチノイン酸(外用薬)の詳細を見る

オーダーメードピーリング治療による毛穴の開き・黒ずみ治療

オーダーメードピーリング

毛穴用のオーダーメードピーリングは、酸を用いてコラーゲン線維をつくる細胞を刺激し、肌が本来持っている働きを活性化させて毛穴の開いた穴を盛り上げる施術です。
針先程の細かい刷毛で正確に埋め込むことで、より高い毛穴の引き締め効果を引き出すようにしています。

オーダーメードピーリング治療の詳細を見る

パールレーザーによる毛穴の開き・黒ずみ治療

パールレーザー

パールレーザー[pearl パール]は、短期間のうちにコラーゲンの再生と古い角質の除去を同時に促すことで素肌の再生を行う、「お肌の入れ替え」レーザーで、毛穴の開き・黒ずみ治療のための最新レーザー治療を可能にしています。

パールレーザーの詳細を見る

毛穴の開き・黒ずみ治療に関するメディア記事

ビーズアップ掲載の夏疲れ肌再生劇場

ちょきちょき「肌ダメージ改善秋ケア講座」

「乾いた肌には毛穴が増える」

美肌塾「冬場のギトつき対策」