ニキビ跡・凹み(クレーター)治療

ニキビ跡のクレーターを唯一治せるのが、
クリニックの治療です。

ニキビ跡・凹み治療

お肌にニキビ跡のクレーター・凹みができるのは、ニキビを無理に潰したり指で引っかくなどの大きな刺激が加わる事や、ニキビの炎症と化膿が同じ場所に繰り返し起こることによって、毛穴や皮膚の深い部分の組織(コラーゲン線維など)が破壊されていることが原因です。たとえニキビが治っても、ニキビ跡が残ってしまうととても目立つし、メイクでも隠せません。現在の多くの治療は、肌全体を滑らかにして目立たなくさせるというものです。ニキビ跡のクレーターは頑固なものですが、治療をあきらめないでください。
六本木スキンクリニックでは、全体を滑らかにさせる治療に加えて、凹んでしまった部分をひとつづつ手作業で盛り上げていく院長の開発したオリジナルの治療法を行っています。
まだ一度もクレーター治療をしたことがない方も、他院で、治療したけれど、もう少し目立たなくさせたい方にも六本木スキンクリニックでの専門治療をお勧めします。

​凹み(クレーター)治療

ジェネシスレーザー+凹みピーリングが適した方

  • ひとつづつの凹みを時間をかけてしっかり盛り上げたい方
  • 他医で治療をしたが、かなり深いものや、アイスピックでつついたようなものは効果がなかった方

❶ ジェネシスレーザー

コラーゲンは皮膚深部(真皮)で線維構造をしていて、ちょうどバネのような弾力でお肌を支えています。ジェネシスレーザーを照射して、クレーター・凹みのすぐ下にあるコラーゲン線維を作る線維芽細胞を強力に活性化させます。これにより、コラーゲン線維の増加を促し、この後行う凹みピーリングの効果を倍増させるので、陥没した部分が盛り上がりやすい状態になります。
ジェネシスレーザーは顔全体(または部分的)にまんべんなく照射します。

ジェネシスレーザーの詳細を見る

❷ 凹みピーリング

ジェネシスレーザーに加えてニキビ跡の凹み(クレーター)部分に凹みピーリングを施術します。1つ1つの凹みに細かくピーリング剤を埋め込むと、真皮の深部にまで液が浸透し、凹みのすぐ下にあるコラーゲンを作る細胞が強力に活性化されて、コラーゲンを大量 に作ります。その結果、頑固だった凹みを周囲の皮膚と同じ位の高さにまで盛り上げることが可能になります。

オーダーメードピーリング

ピーリング剤は六本木スキンクリニックの開発したオリジナルで、その方に合わせて濃度を調節するため毎回作っています。濃度・塗布時間は症状に合わせて毎回少しずつ変えていき、同時に浸透度を上げていきます。ほんの数秒という時間差で、濃度も1%刻みで、お一人お一人に合わせてひとつづつの凹みを丁寧に治療します。 これもやはり熟練が必要な技術です。一つ一つのニキビ跡に細かくピーリング剤を埋め込むことによって、埋め込んだ部分の深部にまで液が浸透するため、凹みの下にあるコラーゲンを作る細胞が活性化されてコラーゲンを大量に作ります。
その結果、凹みも皮膚の高さにまで盛り上げる事が可能になるのです。

オーダーメードピーリング治療の詳細を見る

レチノイン酸ジェル

治療10回目あたりからレチノイン酸ジェル(外用)をスタートします。ニキビ跡の凹みの部分はほとんどの方が色素沈着も起こしています。この色素沈着は、レチノイン酸で落としていきます。その他、ニキビ跡の凹み部分のお肌の質感とその周りのお肌の質感を馴染ませて仕上がりをより綺麗にします(レチノイン酸はコラーゲン細胞も作りやすくするため)。患者さんのご要望なども取り入れて、途中から早めにスタートしていくこともあります。

レチノイン酸ジェルの詳細を見る

❸ 2~4週間に1回のペースで治療を繰り返します。

ピーリング治療の回数は凹み方により個人差があります。平均的に浅いものでも10回程度はかかります。一部分ずつ治療したい方・髪の毛で隠れるところだけ治療したい方・水疱瘡の跡まで治したい方…など、すべてのご要望にお応えします。
凹みのピーリングを続けているとその部分の赤みが強くなっていきます。でも赤みは必ずとれていきますのでご安心ください。ただし、早く赤みをとりたいなどの要望をいただいた場合は、レーザー照射により早めに赤みをとることもできます。

多くの医師・患者さんを悩ませ続けてきたニキビ跡の凹み(クレーター)ですが、六本木スキンクリニックではレーザー治療とオリジナル基剤での凹み(へこみ)ピーリングの併用による治療法を確立させることにより、ほぼ100%の方に効果を出しています。

ダウンタイムや治療後の注意点

  • 治療の翌日くらいから、治療をした凹み部分に茶色の薄いカサブタがつきます。約1週間で自然に剥がれ落ちますので、無理に取らないように注意して下さい。
    お化粧でカバーして構いませんが、こすったり強くすり込むような強い刺激は色素沈着等の原因となりますので優しく軽くするようにして下さい。
  • 凹みのピーリングを続けていると、その部分の赤みが強く出るようになっていきますが、この赤みは自然に取れていきますのでご安心下さい。
    なるべく早く赤みを取りたいというご要望をいただいた場合は、レーザーの照射により対応することも可能です。(赤みのひき方には個人差があります。)

ジェネシス+凹みピーリングによる治療例

ジェネシス+凹みピーリング

ジェネシス+凹みピーリング

オーダーメードピーリングに関してのQ&A

アトピー性皮膚炎なのですが、ピーリングできますか?
アトピー性皮膚炎の方も、敏感肌の方も、トラブル肌の方も皆さん誰もがピーリングを受けられます。 ただし、肌トラブルを診断して肌の状態や敏感さに合ったピーリング剤で行なわないと大変なことになります。 バリア機能がしっかりある方と壊れている方とでは酸の浸透度が違いますし、 肌の弱い方にも施術時ごとの肌状態に合わせて、少しづつ変えさせていただいています。
引っかいた傷があるのですが、ピーリングできますか?
引っかいた傷が小さいものならば、ピーリング液がその部分に浸透しないように保護薬を塗布します。 たくさん傷があるような場合は、診察してどのくらいで治るのでいつからできます、と説明いたします。
妊娠中でもピーリングを受けられますか?
全く問題ありません。背中などの場合はうつぶせになるので控えたほうがいいですが、それ以外の部位でしたら問題なく受けていただけます。 *六本木スキンクリニックは産婦人科のセンターと連携していますので、妊婦さん・妊娠予定の方で何か不安なことがありましたら、いつでもご質問を承ります。
どれくらいで効果が出ますか? 有効な回数や頻度は?
症状や個人差で異なりますが、一般的には、2週間~1ヶ月に1度の施術を10回は繰り返していただくのがお勧めです。

パールレーザーが適した方

  • 全体のぱっと見をきれいにしたい方。短時間である程度きれいに見られたい方
  • 凹みピーリングをしているが、よりきれいに見られたい方

パールレーザー

パールレーザーは均一に古い角質を除去し皮膚の表皮から真皮上層までの肌入れ替えをする最先端治療機です。ニキビ跡の凹凸が滑らかになり、毛穴の開きなども改善します。また、適度な熱が真皮層に加わることでコラーゲンの新生と再構築を得る効果があります。パールはダウンタイムが5~7日程あります。しかし効果が1回で実感できる施術のため確実に短期間で効果を出したい方にお勧めです。しかし、深い凹みなどが完全に上がるまではいきませんので、深い部分は凹みピーリングなどを併用するのがおすすめです。

パールレーザーの詳細を見る

パールレーザーによるニキビ跡・凹み(クレーター)治療

パールレーザー[pearl パール]は、短期間のうちにコラーゲンの再生と古い角質の除去を同時に促すことで素肌の再生を行う、「お肌の入れ替え」レーザーで、美肌のための最新レーザー治療を可能にしています。

ダウンタイムや治療後の注意点

  • 治療の翌日くらいから、治療をした凹み部分に茶色の薄いカサブタがつきます。約1週間で自然に剥がれ落ちますので、無理に取らないように注意して下さい。
    お化粧でカバーして構いませんが、こすったり強くすり込むような強い刺激は色素沈着等の原因となりますので優しく軽くするようにして下さい。
    治療部位に負担をかけることなく安心してお使いいただける六本木スキンクリニックオリジナルのコンシーラー(2,980円)をお勧めしております。
  • 凹みのピーリングを続けていると、その部分の赤みが強く出るようになっていきますが、この赤みは自然に取れていきますのでご安心下さい。
    なるべく早く赤みを取りたいというご要望をいただいた場合は、レーザーの照射により対応することも可能です。(赤みのひき方には個人差があります。)
  • 洗顔は当日から可能ですが、タオルで拭く際も押さえるように優しく拭いて下さい。
  • 紫外線には、十分注意し日焼け止めクリームは必ずするようにお願い致します。

ニキビ跡の赤み治療

ジェネシスレーザー

ニキビあとや血管開きによる赤みはジェネシスレーザーを照射し、赤みの成分だけを壊していきます。 血管開きによる赤みは、一度の照射で消えてしまうものもありますが、回数が多くかかるものもあり様々です。 ニキビあとの赤みは刺激による色素沈着で茶色味も混ざっている場合が多いです。この場合赤みの成分だけをジェネシスレーザーで先に壊し、 残った茶色味はシミとりのレーザーで治療していきます。

ジェネシスレーザー照射後は、2~3日赤みが広がって見えることがありますが、 自然と引いていきますのでこすったりしないようご注意ください。

ニキビ跡の赤み 治療例

▲赤みの改善例

▲ジェネシス + YAGレーザー(現在治療中)

ニキビ跡シミ(色素沈着)

赤みが消えてくると、茶色くなってきます。この茶色は、炎症によりできたメラニン色素です。シミの状態により、YAGレーザーと、外用で治療していきます。

ニキビ跡の色素沈着治療の詳細を見る

ニキビ跡の凹みや赤み色素沈着 治療例

実際のニキビ跡の治療改善例です。いずれの場合もニキビ跡のクレーターや凹みと色素沈着・赤みが大幅に改善されたことがわかります。

▲頬を中心にニキビ跡のクレーターと色素沈着がみられた例。
一つ一つのクレーターの凸凹が改善され、色素沈着も大幅に改善されました。

▲頬からあごにかけてニキビ跡のクレーターと赤ニキビ・白ニキビが現れた症状。
ニキビ跡の治療とニキビ治療とを組み合わせることでクレーターの凸凹とニキビがともに改善され、色素沈着と赤みも大幅に解消されました。

▲40代前半男性のニキビ跡の治療例 2~3週間に1回のペースで通院、ジェネシスレーザーを17回、凹みピーリングを25回とご自宅ではレチノイン酸ジェルの併用で治療を行いました。
男性の方は髭剃りなどかなり強い刺激を与えるために、えぐれるような凹みになってしまう方も少なくありません。また、若い時にできて、何十年と放置してしまうと盛り上がりが遅くなります。また、代謝も悪くなってくるとコラーゲンの作られかたも少なくなりますので、早めの治療がお勧めです。ただし、古くても回数を続けていただければほぼフラットな状態にまで治っていきます。

▲30代女性のニキビ跡の治療例 ニキビ跡の赤みと色素沈着が目立ちます。
ニキビ跡の赤みはジェネシスレーザーを照射することで早く引かせることができます。茶色っぽい色素沈着はメラニン色素ですのでシミ取りと同様にYAGレーザーを照射します。メラニンの合成を抑えるためにハイドロキノン配合のブリーチクリームを塗っていただき、ビタミンCの服用も併用しました。写真のようにニキビケロイドになっている場合には、ケロイド部分を小さくさせる注射をその部分に注射して、た平たくさせてから色の治療を行います。

MAQUIA掲載のニキビ跡の治療例

シミになった色素沈着系と、凹んだクレーター状の2タイプあり。どちらも年齢を重ねるごとに目立ってくるので早めの治療が大切。 「MAQUIA」掲載のニキビ跡治療の記事

ニキビ跡・凹み治療経過

治療経過①

経過日数 肌の状態
施術後 ヒリヒリとほてった感じがあり、少し赤みもあるが、よく冷やすと落ち着いてきた。
ところどころ凹みの部分が白くなっている。
帰宅後 ほてる感じや赤みは若干残るくらいでほぼ引いている。白くなっていたのも消えていた。
1日目 ヒリツキはもう無い。ところどころ茶色いカサブタのようになってきている。
2日目~3日目 凹みの全部にカサブタがついている。上からメイクで隠せる程度だが、すごく近くで見ると分かる。
4日目 カサブタがはがれかかってきた。
1ヵ月後 3回目の施術
カサブタが最初よりもしっかりつくようになってきた。
2ヵ月後 5回目の施術
カサブタが取れた後の赤みが徐々に増してきた。
3ヵ月後 7回目の施術
盛り上がりを感じる部分も出てきた。
4ヵ月後 9日目の施術
赤みが強くなってきて気になるが、盛り上がりは結構実感してきた。
5ヵ月後 10回目の施術
レチノイン酸ジェルを治療と併用して使い始める。
7ヵ月後 13回目の施術
浅い凹みはほとんど目立たなくなってきた。深い凹みも盛り上がってきたが、まだ少し残っている。赤みがきになる。
8ヵ月後 15回目の施術
気にしていた凹みもかなり目立たなくなったので治療を終了。
9~12ヵ月後 レチノイン酸ジェルのみ使用を続ける。
凹み部分の茶色みもほとんどなくなり、お肌の質感の馴染んできた。
ハリが出ている。赤みもかなり引いている状態。

治療経過②

経過日数 肌の状態
帰宅後 赤みもヒリツキもない。
1日目 茶色いカサブタが出来てきた。
2日目~3日目 凹みの全部がカサブタになった。
4日目 カサブタを気にしてさわっていたら、引っ掻いて剥がれてしまった。少し血がにじんで赤みが強く出た。
5日目~6日目 引っ掻いたところにまたカサブタができた。
7日目 全体のカサブタはとれたが、引っ掻いてできたカサブタはまだ残っている。
2週間後 次の施術日
カサブタの所は避けて、他の凹みをいつも通りに施術。
その後、引っ掻いた所のカサブタは取れたが他の部分より赤みがある。
1~6ヵ月後 2週間~3週間おきに治療を続ける。
カサブタをさわってしまうクセがあり、カサブタを引っ掻いてしまったところは、他の部分より赤みや色素沈着が強く出ている。

治療経過③

経過日数 肌の状態
帰宅後 3回目の治療
いつもと同じ感じだが、ピーリングのピリピリした感じは慣れてきた。
1日目 日焼けをしないように言われていたが、日焼け止めを塗らず焼いてしまった。
2日目 凹みのところが水ぶくれの状態の部分がある。ヒリヒリ感がある。クリニックに電話。
初回に出されていたヒリツキ止めの軟膏を塗り、水ぶくれを潰さないようにガーゼで保護をすように言われる。ヒリヒリするので保冷剤で冷やす。
3日目 ヒリヒリは治まった。水ぶくれを潰さないように、軟膏とガーゼを続ける。
4日目 水ぶくれは治まり、カサブタの状態に。触らないように注意する。
7~8日目 カサブタが自然に剥がれた。赤みが出ているが治療に問題はなさそう。
2週間後 診察で診てもらったが、いつも通り治療が可能だった。