たるみ治療

顔、・首・眼の下などの加齢によるたるみをメスを使わず治療いたします。

たるみの原因

たるみの原因は大きく分けて3つあります。

肌の弾力の低下
皮膚中のコラーゲン線維やエラスチン線維は、肌のハリや弾力のもとですが日々減少しています。新しい線維も作られていますが、減少する量の方が多いので、結果的に減少します。そうすると皮膚の中がスカスカになってハリがなくなり、たるみやシワが生じます。
皮下脂肪の肥大と移動
皮下脂肪は年齢を重ねることによる代謝機能の衰えで大きくなり、線維がなくなりすかすかした状態では、脂肪は重力の影響により下方向へ落ちてきます。
筋力の低下
顔の表情筋は手足の筋肉とは異なり、骨ではなく直接皮膚についているため、細かな表情を作り出すことができます。加齢にともない顔の筋肉も衰えていき、上にある皮膚や皮下脂肪を支えきれなくなります。

メスを使わないたるみ治療

自然に若返りたい、肌にダメージをあたえずに、しっかりと効果を出したい方に最新機器や注入技術で、その方に合った治療を行います。

皮膚の真皮のコラーゲン線維やエラスチン線維は、日々減少しています。新しい線維も作られていますが、減少する量の方が多いので、結果的に減少します。そうすると皮膚の中がスカスカになってハリがなくなります。
またスカスカになって空間ができるので、頬の高いところにあった脂肪が重力の影響で下のほうに落ちてきます。ほうれい線の上や口角フェイスラインから顎下に書けて重くもたついた感じになるのはそのためです。

目の下では、眼球周囲の脂肪が落ちてくるので目の下に飛び出したふくらみができます。
また表情筋の筋力も加齢とともに弱まってくるので全体に顔が引き下がった状態になってきます。
顔のたるみは、加齢とともに進行するため日常のケアだけでは改善が難しくなります。
たるみをそのまま進行させていくと、軟部組織が伸びていき、治療にかなり回数を要するようになります。少し気になり始めたときに行うことで、ベストな状態をキープすることが可能です。

たるみへの治療アプローチ…

昔は手術でなければ難しかったたるみ治療ですが、医学の進歩に伴いメスを使わなくても改善できるようになりました。
六本木スキンクリニックで行うたるみ治療は手術で行うことを限りなくメスを使わずに行っていきます。ですから、日常生活を送りながら人に気付かれることなく目元・ほうれい線・口角をリフトアップし、フェイスライン~顎にかけてすっきり整えることが可能です。

たるみとシワへの治療アプローチ…

たるみとシワは厳密には別の現象ですが、治療の観点から言えば一つのまとまったアプローチが必要です。
たるみが生じた部分は重力の影響で下に落ちてきますが、その際たるんだ部分の下に折り重なったようなシワが発生します。たとえば、目の周りのたるみが生じると目の下に脂肪が落ちてきて、シワがより強調されます。頬がたるむと法令線がより深くなっていきます。たるんだ部分が下方に落ちることによってシワが形成されやすくなり、かつ深く刻まれることになるわけです。たるみとシワは言わば表裏一体であり、両方を考慮した治療アプローチが必要です。

たるみとシワのそれぞれに働きかける治療アプローチとして、六本木スキンクリニックの治療では脂肪溶解注射(BNLS)と、ウルセラ・ビスタシェイプ・ショッピングリフト(リードファインリフト)とジェネシスレーザー・ヒアルロン酸やレディエッセの注入 イデバエをその人のたるみ方や希望を考慮し組み合わせて、たるみ治療を行います。

たるみ治療

落ちてきている脂肪をそのままにしてお顔を引き上げようとしても、リフトアップ効果が落ちてしまいます。脂肪が落ちてきている場合は、最初に脂肪溶解注射で脂肪を溶解していきます。
主に、BNLS neoという脂肪溶解注射を用いて行っていきますが人によりミケランジェロ注射で脂肪溶解を行うこともあります。

ほほ・口角・フェイスライン・顎下・瞼・目の下

脂肪溶解注射(BNLS neo)の詳細を見る

脂肪が少なくなってきた時点で、ウルセラの照射を行います。人により脂肪量が少ない方などは最初からウルセラの照射がおすすめの場合もあります。
ウルセラは真皮・脂肪層・すます筋膜までに70度の熱を確実に伝えます。そして、照射直後にこの熱作用による皮膚タンパク質の引き締め効果が現れます。その後1〜3ヶ月かけて、人がもっている傷を治す力が働き、熱のダメージを受けた部分や周りを修復しようとコラーゲンが生成されます。この生成されるコラーゲンは弾力に優れ、肌の若返りに最適な新鮮なコラーゲンです。このように、たるんだ肌を切らない方法でリフトアップをウルセラでさせます。多くの方はこれだけでもリフトアップの手術をした効果が出ます。

頬・こめかみ・口角・フェイスライン・顎下・瞼・目元・目の下 適応

ウルセラの詳細を見る

さらに引き締めたい方やたるみがかなり強い方には、ヒアルロン酸を使ってビスタシェイプ ビスタアイというリフトアップに有効なヒアルロン酸注入を行ってさらに気になる部分を引き上げていきます。

頬・口角・フェイスライン・瞼・目元 適応

ビスタシェイプの詳細を見る

医療機関で長年使われている素材でできている、安全性の高い溶ける糸リードファインリフトを、皮下に挿入します。挿入した糸の刺激によってコラーゲンやエラスチンの生成が促され、肌にハリでて、たるみが引きあがります。
ショッピングのように手軽にできるので、ショッピングリフトとも呼ばれています。

頬・こめかみ・口角・目元・目の下 適応

ショッピングリフトの詳細を見る

さらにハリもしっかり出したい方は、ジェネシスレーザーを照射して、強力に真皮の上層部に働きかけてコラーゲン線維やエラスチン線維をつくる細胞を活性化させて線維を作りやすくします。

顔全て・首 適応

ジェネシスレーザーの詳細を見る

また、人によってはヒアルロン酸注入を併用して、たるみと同時に顔のこけや顔の凹凸を改善することもあります。目の下のくぼみなどは、ヒアルロン酸注入を併用することが多いです。

ほうれい線・目の下・口角 適応

ヒアルロン酸注入の詳細を見る

また、イデバエの併用もおすすめです。イデバエは、強力な抗酸化作用を持つ「イデベノン」と、筋収縮作用を持つ「DMAE」の2つの成分から構成されています。
お肌に細かく満遍なく注射したり、メソポレーション(エレクトロポレーション)を使って導入するだけで、お肌のアンチエイジングとリフティングのダブル効果が得られます。

顔すべて・首 適応

イデバエの詳細を見る


顔・目の下のたるみ取り 治療例

目の下のたるみ取り 治療例

▲プックリと目立っていた目の下のたるみがかなり改善されました。ジェネシスレーザーによる治療です。

たるみ治療に効果的な治療法

脂肪溶解注射(BNLS)によるたるみ治療

たるみの原因の一つである脂肪の移動。目の下、ほうれい線の上、頬の下のほう(多く脂肪が落ちてくるとブルドック顔になります)顔の下の輪郭、顎の下に脂肪が落ちてきています。たるみのどのような治療を行うにしても、この脂肪を溶解して脂肪量を減らすほうがリフトアップの効果が出やすくなります。

脂肪溶解注射(BNLS)の詳細を見る

ウルセラリフトによるたるみ治療

ウルセラは、今まで手術でしか治療できなかった皮膚の一番深い層(SMAS層)からリフトアップできる、唯一のたるみ治療のマシンです。
超音波を使用するため、術後の赤みや腫れもほとんどなく、たるみを強力にリフトアップできます。

ウルセラリフトの詳細を見る

ビスタシェイプによるたるみ治療

ビスタシェイプは、顔の黄金比率を整えながらヒアルロン酸を注入する事でたるんだお肌をリフトアップしていきます。

ビスタシェイプの詳細を見る

ジェネシスレーザーによるたるみ治療

皮膚から離してレーザーを中空照射することで、真皮上層部へ熱エネルギ―が働きかけコラーゲン再生を促進し、たるみを予防しハリやツヤのある若々しいお肌にしていきます。

ジェネシスレーザーの詳細を見る

ショッピングリフト(リードファインリフト)によるたるみ治療

ショッピングリフト(リードファインリフト)とは、鍼治療に使われるような極細の針と髪の毛よりも細い医療用の吸収糸をシワやたるみを引き上げながら挿入し、リフトアップ効果をもたらす、東洋医学と西洋医学のメリットを兼ね備えた最新の切らないフェイスリフト治療です。

ショッピングリフトの詳細を見る

ヒアルロン酸注入によるたるみ治療

たるみが強く、くぼんでいる部分(目の下、まぶた、ゴルゴライン、ほうれい線)にはヒアルロン酸を注入してボリュームアップさせます。

ヒアルロン酸注入の詳細を見る

イデバエによるたるみ治療

イデバエ

イデバエは、強力な抗酸化作用を持つ「イデベノン」と、筋収縮作用を持つ「DMAE」の2つの成分から構成されています。
お肌に細かく満遍なく注射したり、メソポレーション(エレクトロポレーション)を使って導入するだけで、お肌のアンチエイジングとリフティングのダブル効果が得られます。

イデバエの詳細を見る

組み合わせると効果的な治療

ヒアルロン酸注入・ボトックス注入・外用の組み合わせがあります。それぞれの方を診察の上、どの治療法が最適かを判断します。専門のカウンセラーによる無料カウンセリングも承っておりますので、お気軽にご相談ください。

たるみとは?

たるみは「外的要因」「内的要因」「生活習慣要因」によって引き起こされます。

外的要因

乾燥
目には見えませんが、肌は内部の水分を常に蒸散させています。
「湿度の低下」「気温の低下」「紫外線」「加齢」などの理由で肌が乾燥すると、肌表面(表皮)の保湿力や抵抗力が低下し、新陳代謝(肌の生まれ変わり)が乱れ、肌のハリが失われます。
紫外線
紫外線(UVA)が真皮のコラーゲン、エラスチンなどを破壊し、肌の弾力が失われます。

  • 紫外線について
    紫外線は波長の長さにより、UVA(紫外線A波)、UVB(紫外線B波)、UVC(紫外線C波)に分けられます。UVAは、紫外線の中で最も波長が長く、雲やガラスも通過します。3分の1から半分量の紫外線が、真皮にまで達し、真皮内の線維(コラーゲンやエラスチン)にダメージを与えます。そのため、周囲の細胞に大量にメラニンが送り込まれたり、既存のメラニンが酸化して、サンタン(皮膚の色が黒くなる)を起こします。UVBは、UVAと比較すると皮膚に対する刺激が強く、肌の表面に作用し、サンバーン(皮膚に炎症)を起こします。
ストレス
ストレスとは不快な刺激(ストレッサー)が加わり、心身に負荷がかかった状態のことをいいます。強いストレスを受けるとストレスホルモンが分泌され、血管を収縮させたり、免疫機能の低下、基底細胞増殖力の低下等が起こり、肌のターンオーバーが崩れて、肌のバリア機能までも低下してしまいます。そのためストレス状態が長く続くと、肌の機能低下が生じ、肌荒れに繋がります。

内的要因

活性酸素
酸素が体内に入ると「活性酸素」に変化します。活性酸素は本来、ウィルスなどから体を守ってくれる物質ですが、細胞をさびさせる働き(酸化)をします。この活性酸素が真皮のコラーゲンなどの線維や線維芽細胞にダメージを与えて、細胞を老化させてしまいます。

生活習慣要因

喫煙
タバコを吸うと、タバコに含まれるニコチンが血管を収縮させ血行を阻害するため、酸素や栄養物が皮膚に運ばれにくくなり、皮膚の働きを衰えさせます。また、タバコは体内に大量の活性酸素を発生させ、一服で20~100mgの体内のビタミンCが失われます。コラーゲン生成を促進したり、メラニンの生成を抑える働きがあるビタミンCが喫煙により破壊されると、シワやたるみが起こり、肌のツヤもなくなります。
睡眠不足
睡眠中には、皮膚細胞を構成するたんぱく質の合成が盛んになり、細胞に栄養をあたえ、肌のダメージを修復する『成長ホルモン』が分泌されます。睡眠が不足すると、睡眠中に行われる肌の新陳代謝がスムーズに進まず、酸素、栄養、老廃物の交換が滞り、たるみに繋がります。
栄養不足
特に、すべての細胞生成に関わりコラーゲン生成の材料にもなるたんぱく質や、コラーゲン合成や新陳代謝を促進するビタミン・ミネラルなどが不足すると肌の新陳代謝が滞り、皮膚機能を維持できなくなるため、肌が荒れやすくなります

たるみ治療のよくある質問

たるみがひどくなる前にケアしたい・・・たるみの前兆を教えてください。
たるみの前兆として、目元や目じりに小さなシワが出てきます。また、目の下にクマが出来たり、鼻から口に縦のシワが出てきたら要注意です。
たるみの症状は、まずこのようなシワがたくさん出てくるのです。シワができた後にはたるみが現れますので、小さなシワが出てきたら要注意です。少しのシワだからと言って放置していると、どんどん顔がたるんできます。体の他の部分と比較して、顔のシワは早い段階で表れます。 加齢も原因のひとつですが、顔は露出しているため紫外線の影響を受けやすく、顔以外の部分より先にシワができやすいのです。