目の下のくま治療

たるみや色素沈着など、目の下のくまの種類に併せて、ハリのある綺麗な目元に…。

目の下のくま治療

まず目の下のクマ(くま)のタイプと原因を解説し、次に治療について症例写真を紹介して解説していきます。

目の下のクマ・タイプと原因

目の下のクマ(くま)・3つのタイプ

「たるみ」によるクマ(くま)
たるみによるクマの中にさらに2つのタイプがあります。(詳細は次段で)
「色素沈着」による色グマ
この場合、目の下の深い場所にメラニン色素が沈着していることが多いため、灰色っぽいような茶色に見えることが多いです。 また、摩擦や炎症の刺激による表面の色素沈着の場合もあります。
「血管」が透けて見える血管グマ
青っぽく見えているのは静脈の血液の色です。
特に低血圧の人は血液が鬱滞(うったい)しやすいので、起床時などは青い色がどす黒く強調されて見えます。
低血圧でなくても、 水分やお酒を過度にとってすぐ寝たりすると、血液が鬱滞するのでクマがどす黒くはっきりします。

一口に「目の下のクマ(くま)」と言っても、上記の3タイプがすべて重なっている人も1種類だけの人もそれぞれ状態が違いますので、治療法もそれに合わせて選びます。 血管グマの場合、透けている血管を治療するということは難しく、効果の出る治療法がないというのが現状です。
ここではたるみによるクマと色素沈着による色グマの原因と治療について解説します。

たるみによる目の下のクマ(くま)の原因

たるみクマには2つのタイプがあります

年齢とともに皮膚の真皮を作っているコラーゲン線維やエラスチン線維が減少してきます。
これらは皮膚のハリを保つ役割を持っていますが、減少することによって 真皮がスカスカになりたるみが発生します。
目元のたるみには2タイプがあります。

たるみによって眼窩(頭骨の眼部の穴)が落ち込むことで、目がくぼんだ状態になるタイプ。
上瞼(まぶた)や眼球のまわりの脂肪が、線維がスカスカになった目の下(下まぶた)に落ちてくるタイプ。

2のタイプの場合、眼球周囲から落ちてきた脂肪が目の下でプックリと膨らみをつくります。
この膨らみによる陰影のせいで余計にクマが目立ってしまうわけです。
この目の下の膨らみを解消することで、目立ったクマをかなりの程度改善することができます。

目の下のクマ治療

たるみによるクマ治療

1.脂肪溶解注射

目の下に膨らみがある場合は、脂肪溶解剤を注入します。眼球周囲の脂肪が落ちてきて前方に飛び出ている状態の治療は以前は、手術で取り除くしかありませんでした。メスが怖いなどの場合はこの前方に突き出した脂肪の高さに合わせてヒアルロン酸などを注入しなくてはならなかったため、腫れぼったい目元になりがちでした。
現在では目元のたるみの状態により、この脂肪が飛び出てる方は、最初に脂肪溶解注射neoをお勧めしています。脂肪の量を院長が診察してBNLSneoの注入量を提示させていただいています。もちろん少量ずつからやりたい方などいろいろな希望の方がいらっしゃいますので、患者さんの希望とすり合わせて最終的に量は決めていきます。
脂肪の膨らみを改善したあとでくぼんだ部分にヒアルロン酸を注入すると、よりすっきりとクマを目立たなくさせる事ができます。

脂肪溶解注射(BNLS neo)の詳細を見る

2.ヒアルロン酸注入

BNLS neoの注射で目の下の脂肪が小さくなってきてもまだたるみにより凹んでる部分が気になる場合は、ヒアルロン酸の注入をして同じ高さにしていきます。
目の下の脂肪があまりなく、凹んでるだけの方は、最初から脂肪溶解注射はしないでこのヒアルロン酸の注入が適応になります。
六本木スキンクリニックでは目の下では主にリデンシティーⅡを使用していきます。
多くの美容クリニックでヒアルロン酸注入が行われますが、目元の皮膚の薄さや、目元の構造は人により違います。ヒアルロン酸が史郎記したりしないように丁寧になじませつつ注射をする必要があります。院長は、注入剤が出始めた2002年より注入の手技を行ってきています。当初は固い目元に適していないヒアルロン酸製剤しかありませんでしたが、そのようなヒアルロン酸製剤でも時間をかけなじませて入れていた実績があります。顔の解剖の知識があるだけでなく実際の携わった症例数が多いことも大切です。
注入量は、院長が診察してその方に会う量を提示させていただきますが、少量から試したいなどの希望に合わせて少量から施術可能です。

さらに目元にハリを出していきたい方は ウルセラ、ジェネシス、ショッピングリフト(リードファインリフト)、ビスタアイ がおすすめです。

ヒアルロン酸注入の詳細を見る

3.ウルセラ

コメカミから目の周りに照射することにより、目の下のたるみ部分が照射をしたコメカミに向かって斜め上にリフトアップされます。

ウルセラの詳細を見る

4.ジェネシス

目の下のたるんだ部分に集中的に照射することにより、コラーゲン線維やエラスチン線維を作る線維芽細胞が活性化されて照射部分にハリが出ます

ジェネシスの詳細を見る

5.ショッピングリフト(リードファインリフト)

医療機関で長年使われている素材でできている、安全性の高い溶ける糸リードファインリフトを、皮下に挿入します。挿入した糸の刺激によってコラーゲンやエラスチンの生成が促され、肌にハリでて、たるみが引きあがります。
ショッピングのように手軽にできるので、ショッピングリフトとも呼ばれています。

ショッピングリフト(リードファインリフト)の詳細を見る

6.ビスタアイ

ビスタシェイプを目元に特化した治療がビスタアイと呼ばれ、ヒアルロン酸の注入テクニックで目の印象を若返らせます。ヒアルロン酸をそれぞれ適した部位にその方のたるみを引き上げるようにバランス良く注入して改善させます。

ビスタアイの詳細を見る

色素沈着による色グマの治療

7.YAGレーザーの照射

色グマの多くは、目の下の深い場所にメラニン色素が沈着していることが原因です。
この場合、皮膚の深いところまで届き(=波長が長い)、 メラニンをターゲットに壊していくレーザーを照射します。治療回数は、メラニン色素の量によって異なります。
また、レーザーと併用してメラニン色素を排出させる塗り薬を使用していただきます。

YAGレーザーの詳細を見る

その他の治療法

8.レチノイン酸(外用薬)

レチノイン酸

レチノイン酸はビタミンAの一種で、コラーゲンの増生を促すのと、メラニンを排泄させるので、たるみグマと色グマ両方に効果があります。

レチノイン酸(外用薬)の詳細を見る

目の下のくま治療に関するメディア記事

雑誌掲載のクマの記事

駆け込み保健室掲載の記事